福井大教授が「査読偽装」の疑い 論文審査に自ら関与か

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
福井大の女性教授が所属するキャンパス=福井県永平寺町で2022年6月8日午後0時16分、岩間理紀撮影
福井大の女性教授が所属するキャンパス=福井県永平寺町で2022年6月8日午後0時16分、岩間理紀撮影

 福井大の60代の女性教授らが国際学術誌に投稿した学術論文で、この教授が、論文の審査(査読)を担う千葉大の60代の男性教授と協力し、自ら査読に関与した疑いがあることが関係者の話でわかった。学術誌の出版社が研究不正と認定し、福井大教授側に論文の撤回を勧告したことも判明。福井大と千葉大はそれぞれ調査委員会を設置して内部調査している。

 査読は、著者以外の複数の研究者が第三者の立場で論文の妥当性をチェックし、掲載の可否を判断する。科学の客観性や正当性を担保する極めて重要な手続きで、査読を経た論文は研究者の業績になるため、自ら査読することは研究不正とされ「査読偽装」と呼ばれる。研究倫理に詳しい京都薬科大の田中智之(さとし)教授(薬理学)は「日本で発覚するのは初めて」と話している。

 福井大教授は2020…

この記事は有料記事です。

残り774文字(全文1124文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の筆者
すべて見る

ニュース特集