STAP細胞、京大霊長研…後を絶たない研究不正

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
「STAP細胞」論文について報告書の内容を発表する理化学研究所の調査委員会=東京都千代田区で2014年12月26日、竹内紀臣撮影
「STAP細胞」論文について報告書の内容を発表する理化学研究所の調査委員会=東京都千代田区で2014年12月26日、竹内紀臣撮影

 「研究不正」とされる行為にはさまざまなタイプがある。

 ・実験データなどの捏造(ねつぞう)、改ざん

 ・他人の研究成果やアイデアの盗用

 これらは特に重大な不正とみなされるが、それだけではない。

 ・同じ内容の論文を繰り返し投稿(二重投稿)

 ・論文の著者名義を貸し借りする(不適切なオーサーシップ)

 ・研究資金の不正使用

 ・寄付を受けた企業などとの関係を明らかにしない(利益相反の不開示)

この記事は有料記事です。

残り761文字(全文952文字)

あわせて読みたい

ニュース特集