連載

ART!

毎日新聞デジタルの「ART!」ページです。最新のニュース、記事をまとめています。

連載一覧

ART!

STILL ALIVEな色を味わう=中村史子

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
笠寺猩々保存会の猩々。国際芸術祭あいち2022(7月30日開幕、4会場で開催)では、猩々が大発生する予定
笠寺猩々保存会の猩々。国際芸術祭あいち2022(7月30日開幕、4会場で開催)では、猩々が大発生する予定

 現在、国際芸術祭あいち2022の準備がいよいよ大詰めである。テーマは「STILL ALIVE」。これは、愛知県出身の国際的なアーティスト、河原温(かわらおん)(1932~2014年)の作品から引かれたものだが、感染症のパンデミックと政情不安の中で生きる全ての人に向けられた言葉でもある。

 芸術祭では、河原温をはじめとする世界中の現代美術作品を数多く紹介すると同時に、愛知独自の文化や歴史にも注目し、それらがどう「STILL ALIVE」しているか、多角的に探る。

 例えば、今回の芸術祭では「猩々(しょうじょう)」を召喚する。ここでいう「猩々」とは芸術祭の会場の一つ、有松を含む愛知県南部の祭りに登場する大人形のことだ。張り子でできた赤い顔と赤い頭髪を持ち、背丈も人間より一回り大きい。これが祭りで練り歩くだけでなく、時にうちわで子どもをはたく。「猩々」にはたかれると無病息災になるとはいえ、子どもはもちろん大人にとってもなかなか恐ろしい。また、地域の人々が素材や…

この記事は有料記事です。

残り824文字(全文1256文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集