ネット中傷対策「侮辱罪」厳罰化が成立 改正刑法

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
改正刑法が賛成多数で可決、成立した参院本会議=国会内で2022年6月13日午前10時44分、竹内幹撮影
改正刑法が賛成多数で可決、成立した参院本会議=国会内で2022年6月13日午前10時44分、竹内幹撮影

 インターネット上の誹謗(ひぼう)中傷対策を目的に侮辱罪の法定刑を引き上げることなどを盛り込んだ改正刑法が13日、参院本会議で賛成多数により可決、成立した。侮辱罪の改正部分は今夏に施行される見通し。国会審議の過程で、厳罰化により表現の自由が制約されるのではないかとの懸念が示されたため、施行から3年後に有識者を交えた検証を行うことが明記された。

 侮辱罪は、公然と人の社会的評価を害した場合に適用され、改正前の法定刑は「拘留(30日未満)または科料(1万円未満)」と刑法で最も軽かった。プロレスラーの木村花さん(当時22歳)が2020年、出演していた恋愛リアリティー番組での発言を巡ってネット交流サービス(SNS)で中傷され、急死したことをきっかけに法改正の議論が本格化した。

この記事は有料記事です。

残り271文字(全文608文字)

関連記事

あわせて読みたい

ニュース特集