木村花さん母「やっと、という思いが強い」 改正刑法、侮辱罪厳罰化

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 刑法の侮辱罪の法定刑を引き上げて厳罰化する改正刑法が成立した13日、2020年にインターネット上で誹謗(ひぼう)中傷された後に急死したプロレスラーの木村花さん(当時22歳)の母響子さん(45)が東京・永田町で記者会見を開いた。

 響子さんは、ネット上の中傷被害の深刻な実情を社会に訴える活動を続けており、今回の法改正のきっかけになった。「ネット上の中傷は、本当に犯罪だということを知ってほしかった」と振り返り、改正法成立について「これまでの侮辱罪では抑止力にならなかった。私の中では『やっと』という思いが強い。(支持してくれた…

この記事は有料記事です。

残り396文字(全文659文字)

関連記事

あわせて読みたい

ニュース特集