特集

関西 新型コロナくらし情報

関西の新型コロナに関する情報をお伝えします。

特集一覧

梅干しがコロナ増殖抑制 貝塚の大学など研究グループ発表 /大阪

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
研究結果を発表するグループのメンバー=和歌山県みなべ町役場で、竹内之浩撮影 拡大
研究結果を発表するグループのメンバー=和歌山県みなべ町役場で、竹内之浩撮影

 東海大学医学部(神奈川県伊勢原市)などの研究グループが、和歌山県みなべ町役場で記者会見を開き、「梅干しに新型コロナウイルスの増殖抑制効果があることが分かった」とする研究成果を発表した。

 グループは東海大のほか、大阪河崎リハビリテーション大学(貝塚市)と和歌山工業高専(和歌山県御坊市)。2020年10月、町からの委託で研究を始めた。

 培養細胞に、コロナウイルスのみを投与した場合と、梅干しの果肉から抽出した成分を混ぜたウイルスを投与した場合との増殖を比べた。更に後者は、抽出成分の濃度を変えて実施した。

 結果、抽出成分を混ぜた方が増殖を抑え、濃度が高いほど効果が大きいことが分かったという。従来株に加え、アルファとデルタ、オミクロンの変異株いずれでも、同様の効果が確認できたとしている。グループは今後、増殖抑制効果を持つ成分の特定を進めるという。

 梅干しを食べると予防効果があるかについては、1日に会見したメンバーの一人、竹腰進・東海大医学部教授(実験病理学)は「疫学調査をしなければ正確なことは分からない」と話す。一方、今回の培養細胞を使った実験結果については、「よく効いていると思った」との見解を示した。【竹内之浩】

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集