連載

SPORTSかんさい+

関西のスポーツシーンを記者が深掘りします

連載一覧

SPORTSかんさい+

大学野球 関西学生リーグ 同大復活へ、大阪桐蔭流 最強世代・青地主将「勝つチーム」の意識注入

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
近畿大3回戦で勝利し、スタンドに笑顔であいさつをする同志社大の青地斗舞主将(左端)=大阪市の南港中央野球場で2022年5月7日午後1時9分、石川裕士撮影
近畿大3回戦で勝利し、スタンドに笑顔であいさつをする同志社大の青地斗舞主将(左端)=大阪市の南港中央野球場で2022年5月7日午後1時9分、石川裕士撮影

 大学野球の関西学生春季リーグで、低迷の続いていた同大が2位に入り、復活の兆しを見せた。昨秋まで3季続けて4位のチームを立て直したのが主将の青地斗舞(とうま)(4年)。母校・大阪桐蔭高の流儀で改革した。

 青地は広角に打てる左打ちの外野手だ。高校3年だった2018年は根尾昂(中日)、藤原恭大(ロッテ)ら4人がプロ入りした「最強世代」の2番打者として春夏の甲子園連覇を達成した。「甲子園優勝とプロを目指す選手だけが集まった」集団で練習の意図を考えるのは「当たり前」。仲間内でミスを厳しく指摘し常に全力疾走した。

 しかし、同大はどこか緩かった。全体練習の時間は大阪桐蔭高より短いのに、全力で走らずメニューに文句を言う選手さえいる。「こんなんじゃ、勝てへんやろ」。悩んだ末「個人主義で自分勝手」だったはずの青地だが「最上級生になったら主将をやる」と決意した。

この記事は有料記事です。

残り769文字(全文1145文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集