論文数、日本は過去最低10位に 「状況は深刻」科学技術白書

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
首相官邸=本社ヘリから 拡大
首相官邸=本社ヘリから

 政府は14日、2022年版の科学技術・イノベーション白書を閣議決定した。岸田政権が成長戦略の柱の一つに掲げる「科学技術立国の実現」を特集。低迷が続く日本の研究力の現状や、大学などが抱える課題をまとめた。

 今世紀の日本のノーベル賞受賞者数は世界2位(19人)となり「大きな存在感を示している」と評価。一方で、影響力が大きな学術論文(被引用数上位10%)の数の国別ランキングで、日本は過去最低の10位に後退し「このような状況は深刻に受け止めるべきだ」と危機感を示した。

 日本の大学が発表する自然科学系の論文数についても分析し、博士課程の在籍者数や、教員が確保できる研究時間、研究費などの増減によって変化すると指摘した。科学技術立国の実現に向けた課題として、若手研究者の任期付きポストの割合が増え、雇用が不安定化していることを問題視。若手研究者が腰を据えて研究に取り組める環境の確保が喫緊の課題と位置付けた。

 政府が研究力強化に向けて設置した10兆円規模の大学ファンドについては「我が国の成長とイノベーション創出にあたり、大学の研究力を強化することは極めて重要だ」と必要性を強調した。【鳥井真平】

あわせて読みたい

ニュース特集