特集

日本維新の会

日本維新の会に関するページです。

特集一覧

維新市議が納品書76万円分を自作 私文書偽造の可能性 兵庫・尼崎

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
記者の質問に答える光本圭佑市議=尼崎市役所で2022年6月14日午後6時6分、亀田早苗撮影
記者の質問に答える光本圭佑市議=尼崎市役所で2022年6月14日午後6時6分、亀田早苗撮影

 兵庫県尼崎市議会の会派「日本維新の会」で幹事長を務めた光本圭佑市議(42)が、政務活動費の支出を証明する納品書約76万円分を量販店を装って自作していたことがわかった。議会事務局は私文書偽造にあたる可能性があるとして、調査を進めている。

 光本市議は4月20日、会派の政活費のうち250万円を自身の名義の銀行口座に移したことが分かり、維新市議団が調査していた。14日、市議団が市議会会派代表者会議で報告。光本市議は兵庫維新の会に離党届を出し、受理された。

 報告書などによると、光本市議は2021年8月、大阪市内の量販店でパソコンなどを約76万円で購入。9月、会派の政務活動費から光本議員に現金が支払われた。当時の市議会の規則で領収証などの添付が定められており、領収証はあるが購入商品の明細がわかるレシートを紛失したとして、パソコンデータと紙を切り貼りし、コピーして自作した納品書を提出。量販店の印なども入っていた。

この記事は有料記事です。

残り541文字(全文947文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集