復活のピアノコンサート 1922年 スタインウェイ社製、修復 宇部 渡辺翁記念会館で25日 /山口

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
コンサートの記者発表で美しい音色を響かせた伝説のグランドピアノ
コンサートの記者発表で美しい音色を響かせた伝説のグランドピアノ

 100年前に製作され、戦火を免れて宇部市朝日町の渡辺翁記念会館に展示されているスタインウェイ&サンズ社製のグランドピアノが修復され、同会館で25日に「伝説のピアノ復活コンサート」が開かれる。主催する一般社団法人「SAKI―DORIプロジェクト」(宇部市)は、戦前から市民に親しまれた音色の復活とともに、地域の歴史に市民が触れることで、古里の音楽文化の振興も願っている。

 復活するスタインウェイのグランドピアノは1922(大正11)年にドイツで製造された。23年にUBE創業者、渡辺祐策らが文化・教育の発展に役立ててもらおうと新川尋常小学校(現市立新川小)に寄贈した。太平洋戦争末期の45年7月、宇部大空襲で校舎に焼夷(しょうい)弾が落ちたが、ピアノは焼失を免れた。戦後は宇部市に著名なピアニストが訪れると同会館にピアノが運ばれ、音色を市民が楽しんだ。老朽化で使われなく…

この記事は有料記事です。

残り458文字(全文843文字)

あわせて読みたい

ニュース特集