特集

見えない予算

借金頼みの日本財政。「官から民へ」の流れの中、血税は適正に執行されているのでしょうか。

特集一覧

8割が「事実確認なし」 持続化給付金の詐欺、なぜ相次ぐのか

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
持続化給付金の申請サポート会場=東京都中央区で2020年6月9日(代表撮影)
持続化給付金の申請サポート会場=東京都中央区で2020年6月9日(代表撮影)

 「親子4人らで計9億6000万円を詐取」「東京国税局職員らが計2億円を詐取」。新型コロナウイルスの影響で売り上げが減った事業者の資金繰りを支えるため、国が支給する「持続化給付金」をだまし取る事案が次々と発覚している。なぜ、これほど不正が相次ぐのか。申請受付時の状況を振り返って確認すると、不正が起こるべくして起きた実態が見えてくる。

この記事は有料記事です。

残り1663文字(全文1830文字)

【見えない予算】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集