能からみた日本の宗教 釈徹宗氏・山本章弘対談 大阪

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
宗教学者の釈徹宗氏(右)とシテ方観世流の山本章弘=畑律江撮影
宗教学者の釈徹宗氏(右)とシテ方観世流の山本章弘=畑律江撮影

 能が内包する宗教的な精神性を学ぶ公演「能からみた日本の宗教」が、7月から2023年3月まで計5回、大阪市中央区の山本能楽堂で開かれる。

 宗教学者の釈徹宗(しゃくてっしゅう)氏とシテ方観世流の山本章弘が、各回に上演する能に関連付け、神道や仏教にまつわるテーマで対談。その後、山本が能を上演する。山本は「現代人にも見やすく、奥深いものを知…

この記事は有料記事です。

残り253文字(全文421文字)

あわせて読みたい

ニュース特集