連載

ニッポン野球150年

日本に野球が伝わってから2022年で150年。私たちはなぜ夢中になり、国民的スポーツへと発展したのでしょうか。

連載一覧

ニッポン野球150年

/4 中京商3連覇、激闘制す 甲子園完成、ラジオ中継も /栃木

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
1931~33年に夏の甲子園大会で3連覇を達成した中京商(現中京大中京高)の吉田正男投手のユニホーム。吉田は92年に野球殿堂入りした=野球殿堂博物館提供
1931~33年に夏の甲子園大会で3連覇を達成した中京商(現中京大中京高)の吉田正男投手のユニホーム。吉田は92年に野球殿堂入りした=野球殿堂博物館提供

 夏の全国高校野球選手権大会は1915(大正4)年に「全国中等学校優勝野球大会」としてスタート。朝日新聞主催の下、第1回大会が大阪・豊中グラウンドで開催され、全国から10校が参加した。決勝で京都二中(現鳥羽高)が秋田中(現秋田高)に勝利し、初代王者に輝いた。

 多くのファンを集めたことから、第3回大会から阪神電鉄の鳴尾球場(兵庫県西宮市)で開催。その後、さらなる人気の拡大を受け、24年8月、阪神電鉄は武庫川の支流・枝川の埋め立て地に新球場を建設した。この年が十干十二支の「甲子」の年に当たることから甲子園球場と命名され、同年夏の第10回大会から大会の舞台となった。

 春の選抜高校野球大会は24年に「全国選抜中等学校野球大会」として、毎日新聞主催で第1回大会は名古屋市八事の山本球場で開かれた。全国から8校が選抜され、決勝で高松商(香川)が早稲田実(東京)に勝ち優勝。翌年から甲子園で開催されるようになった。

この記事は有料記事です。

残り725文字(全文1129文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集