特集

札幌冬季五輪招致

2030年冬季オリンピック・パラリンピック開催へ向けて、札幌市が招致活動を進めています。招致の動き、課題をリポート。

特集一覧

23年春の札幌市長選、元市局長が出馬へ 「五輪招致の民意問う」

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
高野馨氏=札幌市で2022年6月17日、高山純二撮影
高野馨氏=札幌市で2022年6月17日、高山純二撮影

 来春の札幌市長選に、元市市民文化局長の高野馨氏(63)が無所属で立候補する意向を固めた。市が目指す2030年冬季オリンピック・パラリンピック招致に反対しており、「札幌五輪招致の民意を問いたい」としている。7月にも立候補を正式表明する。

 高野氏は17日、毎日新聞の取材に「市長選を住民投票に見立て、賛否を問いたい」としたうえで、市長選の前に札幌が五輪開催都市に内定した場合、内定の辞退・返上を掲げる考えを示した。五輪招致…

この記事は有料記事です。

残り317文字(全文527文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集