特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

テレワークは限定、過剰消毒不要 経団連がコロナ指針を大幅緩和

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
経団連=東京都千代田区大手町1で、高添博之撮影 拡大
経団連=東京都千代田区大手町1で、高添博之撮影

 経団連は17日、新型コロナウイルスの感染対策をまとめたオフィスや製造現場向けの指針を改定した。ワクチン接種が進み感染状況が改善傾向にあることを踏まえ、設備の頻繁な消毒を求めた項目を削除するなど大幅に簡素化した。テレワーク(在宅勤務)や時差通勤の導入などを求めていた部分も感染拡大期に限る記述に改めた。感染状況が悪化すれば厳しい対策に戻る可能性はあるが、収束後の正常化に向け、今後は業界ごとに定めた指針の見直しも進みそうだ。

 これまでは接触感染の対策を重視していたが、主な感染経路が飛沫(ひまつ)やエアロゾル感染(空気感染)と分かり、換気に重点を置いた内容に改定した。医療機関を除く公共の場所のドアノブや椅子などの共用設備については、過剰な消毒は必要ないと判断した。

 このほか、マスクの適切な着用などを前提に、休憩所などで仕切りがなく対面する場合に保つ距離の目安を「できる限り2メートル」から「1~2メートル」に変更。これまで必要に応じて求めていたアクリル板やビニールカーテンの設置については「過度な仕切りは空気の流れを悪くする」(経団連)こともあり、削除した。会議やイベント、採用面接などのオンライン実施を検討する表記も削除した。従業員の感染が確認された場合は「保健所や医療機関の指示に従う」という記述や公表の有無・方法に関する記述を省略した。

 指針は政府の基本的対処方針などを踏まえ、2020年5月に策定。今回は4度目の改定になる。ワクチンの普及や現在の病状が比較的軽症であることなどを考慮し、医療の専門家の監修のもと大幅に改定した。

 飲食店や宿泊施設など各業界は経団連の指針などを踏まえて独自のガイドラインを設けており、今後は幅広い業務やサービスで感染対策の緩和が進む可能性がある。

 経団連は「(感染症が一定の地域や季節に予想の範囲内で発生する状態を意味する)エンデミックに向けたステップ」と位置づけ、さらに状況の改善が進めば今冬にも指針の廃止を検討する。改定に協力した専門家は「今後は自社の状況に応じて対応を社内で協議してほしい」と話している。【中津川甫】

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集