頭髪の黒染め指導は「適法」確定 最高裁、元生徒側の上告退ける

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
最高裁判所=東京都千代田区隼町で、本橋和夫撮影
最高裁判所=東京都千代田区隼町で、本橋和夫撮影

 大阪府立懐風館高(羽曳野市)の元生徒の女性が、生まれつき茶色い髪を黒く染めるよう指導されて不登校になったとして、府に慰謝料などを求めた訴訟で、最高裁第2小法廷(菅野博之裁判長)は女性側の上告を退ける決定をした。頭髪指導の違法性を認めなかった1、2審判決が確定した。15日付。

 女性は2017年に提訴し、各地で「ブラック校則」見直しの議論が広まるきっかけとなった。

 確定判決によると、15年春に入学した女性は、教員らに髪を黒くするよう複数回指導され従った。2年生の夏休みに明るい茶色に染め、指導を受けて始業式に染め直して登校したが、教員から「不十分」と繰り返し指摘され、16年9月から不登校になった。

この記事は有料記事です。

残り191文字(全文491文字)

あわせて読みたい

ニュース特集