国立劇場建て替えへ ホテルやレストラン併設 新開場は29年秋

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
「初代国立劇場さよなら公演」などについて発表した日本芸術文化振興会の河村潤子理事長と国立劇場のマスコット、くろごちゃん=東京都千代田区で2022年6月17日午後、広瀬登撮影
「初代国立劇場さよなら公演」などについて発表した日本芸術文化振興会の河村潤子理事長と国立劇場のマスコット、くろごちゃん=東京都千代田区で2022年6月17日午後、広瀬登撮影

 東京・半蔵門の国立劇場を運営する日本芸術文化振興会(河村潤子理事長)は17日、同劇場を2023年10月末で閉場し、同11月から建て替えに入り、29年秋に新開場すると発表した。新劇場は大・小の劇場と国立演芸場を同一館内に設け、ホテルやレストランを併設し、「文化観光」の拠点を目指す。

 建て替え期間中の歌舞伎・文楽・落語の主催公演は国立能楽堂、新国立劇場、足立区文化芸術劇場(シ…

この記事は有料記事です。

残り284文字(全文472文字)

あわせて読みたい

ニュース特集