文化審答申 鎌倉街道上道、国史跡に 堂山下遺跡や古墳群など 毛呂山で初、保全活動結実 /埼玉

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
国の史跡に指定するよう答申された鎌倉街道上道=埼玉県毛呂山町大類で2022年6月16日、仲村隆撮影
国の史跡に指定するよう答申された鎌倉街道上道=埼玉県毛呂山町大類で2022年6月16日、仲村隆撮影

 国の文化審議会(佐藤信会長)が17日、毛呂山町の「鎌倉街道上道(かみつみち)」を国の史跡に指定するよう文部科学相に答申した。県内の国指定史跡は23件になる見通しで、同町で史跡指定が行われるのは初めて。

 今回の指定対象は、鎌倉~室町時代に鎌倉と関東諸国を結んだ主要街道だった「鎌倉街道」のうち、「上道」と呼ばれた部分。鎌倉と武蔵国・上野国を経て信濃国・越後国に向かう街道だ。

 同町には約1・3キロの街道跡が残る。街道跡の三つの遺跡や中世の集落跡の「堂山下(どうやました)遺跡」、同時期の崇徳寺(すうとくじ)跡や川角(かわかど)古墳群などを含む部分で、約8・6ヘクタールに及ぶ。中世の遺構が良好に保存されていることだけでなく、宿場や墓などが一体となって残っており、当時の街道の状況を知ることができると評価された。

この記事は有料記事です。

残り124文字(全文479文字)

あわせて読みたい

ニュース特集