特集

都市対抗野球2022

第93回都市対抗野球大会が2022年7月18日に開幕。3年ぶりの夏開催、社会人野球日本一はどこに。

特集一覧

第93回都市対抗野球

組み合わせ抽選 JFE西VSロキテクノ JR西は四銀と初戦 /広島

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
組み合わせ抽選を終え、記念撮影に臨むJFE西日本の山下敬之監督(左)とロキテクノ富山の藤田太陽監督=東京都千代田区で2022年6月17日午後2時53分、長谷川直亮撮影
組み合わせ抽選を終え、記念撮影に臨むJFE西日本の山下敬之監督(左)とロキテクノ富山の藤田太陽監督=東京都千代田区で2022年6月17日午後2時53分、長谷川直亮撮影

 東京ドームで7月18日に開幕する第93回都市対抗野球大会(毎日新聞社、日本野球連盟主催)の組み合わせ抽選会が17日、東京都千代田区のTKPガーデンシティ竹橋であり、中国地区代表2チームの1回戦の対戦相手が決まった。第1代表のJFE西日本(福山市・岡山県倉敷市)は第3日(7月20日)第1試合で初出場のロキテクノ富山(富山県上市町)と対戦し、第2代表のJR西日本(広島市)は第6日(7月23日)第1試合で四国銀行(高知市)と顔を合わせる。

 3年ぶり11回目の出場となるJFE西日本の山下敬之監督は「相手はこれまで対戦したことがないので研究したい。初出場なので勢いはあると思う。試合日が遅くなるのは嫌だったので、第3日は悪くない」と抽選結果の感想を語り、「エース・津山を中心にしっかり守ってチャンスを生かしていく、うちの野球をやりたい」と抱負を述べた。

この記事は有料記事です。

残り238文字(全文613文字)

【都市対抗野球2022】

時系列で見る

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集