「京大の役割」125周年式典で学長語る ノーベル賞受賞者講演も

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
一堂に会した京大ゆかりのノーベル賞受賞者ら=京都市左京区で2022年6月18日午後6時37分、野上哲撮影
一堂に会した京大ゆかりのノーベル賞受賞者ら=京都市左京区で2022年6月18日午後6時37分、野上哲撮影

 京都大は18日、創立125周年を迎え、京都市左京区のロームシアター京都で記念式典があった。歴代のノーベル賞受賞者を迎えたフォーラムも開かれ、関係者ら計約1000人が参加。京大が生んだ独創的な研究と、その源である自由を尊ぶ学風などに触れた。

 前身の京都帝国大は1897(明治30)年6月18日、国内2番目の帝大として創立された。式典には歴代学長らが出席。湊長博学長は「5回の四半世紀の歴史は波乱に満ちていた」と指摘。「学問の…

この記事は有料記事です。

残り319文字(全文531文字)

あわせて読みたい

ニュース特集