不可解な政活費600万円 元維新市議、虚偽説明でポイント取得も

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
会派代表者会で政務活動費について説明する光本圭佑市議(奥の右から3人目)=兵庫県尼崎市議会で2022年6月14日午後1時39分、亀田早苗撮影
会派代表者会で政務活動費について説明する光本圭佑市議(奥の右から3人目)=兵庫県尼崎市議会で2022年6月14日午後1時39分、亀田早苗撮影

 全国で不適当な支出が相次いで発覚している地方議員の政務活動費(政活費)で、兵庫県尼崎市議会の会派「日本維新の会」に割り当てられた600万円超の動きが問題になっている。会派の幹事長だった光本圭佑市議(42)は、購入したとする商品について納品書の偽造を認めたものの不正支出は否定しており、市民オンブズマンは20日、市に支出返還を求める住民監査請求を起こした。

この記事は有料記事です。

残り1593文字(全文1771文字)

あわせて読みたい

ニュース特集