離婚後の共同親権提案へ 子に関する決定、両親で 法務省

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 法務省は、家族法制の見直しを議論している法制審議会(法相の諮問機関)の部会に、離婚した父母双方を親権者にできる「離婚後の共同親権」の導入を提案する方針を固めた。現行民法は離婚後の単独親権を定めており、部会は民法改正の中間試案を8月をめどに取りまとめる。その上で意見を公募するパブリックコメントを実施し、詰めの議論に入る。

 民法は婚姻中の父母の共同親権を定める一方、離婚後はいずれかが親権者となる単独親権を採用する。日本では近年、年間20万組前後、おおよそ3組に1組が離婚しており、離婚後の養育費不払いや親子交流の断絶が社会問題化している。

この記事は有料記事です。

残り652文字(全文922文字)

あわせて読みたい

ニュース特集