石川・能登の地震、地下の流体が要因か さらに大きな地震の恐れ

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
地震で倒壊したとみられる鳥居=石川県珠洲市で2022年6月19日午後6時13分、本社機「希望」から
地震で倒壊したとみられる鳥居=石川県珠洲市で2022年6月19日午後6時13分、本社機「希望」から

 石川県能登地方で19日に震度6弱、20日に震度5強を観測した地震は、群発地震の一連の活動とみられる。現地で観測を続ける研究チームは、地下深くから上昇した水などの流体が、地震を引き起こす断層面に入り込み、断層がすべりやすくなっている可能性を指摘する。さらに大きな地震を起こす海底活断層の破壊につながる恐れもあるという。

 能登地方では2018年ごろから地震が増え始めた。気象庁によると、20年12月から22年6月20日までに発生した震度1以上の地震は160回を超える。

この記事は有料記事です。

残り1000文字(全文1233文字)

あわせて読みたい

ニュース特集