「脱石炭」ドイツ、一転利用増加へ 露産ガス供給大幅減

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 ドイツのハベック経済・気候保護相は19日に声明を出し、ロシア産天然ガスの輸入が大幅に減少したことを受け、石炭火力発電の利用を増やす緊急措置を講じる考えを示した。ショルツ政権は、メルケル前政権で決めた2038年までの「脱石炭」の達成目標を30年までに前倒ししていたが、達成が遠のく可能性が出てきた。

 ロシア国営ガス大手ガスプロムは、海底パイプライン「ノ…

この記事は有料記事です。

残り265文字(全文441文字)

あわせて読みたい

ニュース特集