特集

自民党

自民党に関するページです。

特集一覧

離婚後の共同親権を提言 自民・法務部会「子の最善の利益確保」

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
古川禎久法相(左から3人目)に提言書を手渡す山田美樹・自民党法務部会長ら=東京都内で、2022年6月21日午前11時32分、山本将克撮影 拡大
古川禎久法相(左から3人目)に提言書を手渡す山田美樹・自民党法務部会長ら=東京都内で、2022年6月21日午前11時32分、山本将克撮影

 自民党法務部会は21日、父母の離婚に伴う子の養育を巡る法制度の見直しについて、提言書を古川禎久法相に提出した。「離婚後の共同親権を導入すべきだ」としている。

 同部会の「家族法制のあり方検討PT(プロジェクトチーム)」がまとめた提言書は、父母が離婚した後の子の養育について「子の最善の利益を確保するため、子を真ん中に置いた議論をしなければならない」と記載。離婚後の単独親権を定めた現行民法に触れ「原則として、父母がそれぞれ引き続き子に対して親としての責務を果たすため、離婚後共同親権制度を導入すべきだ」としている。

 また、父母が離婚する場合に、子の養育費の負担や親子の交流について取り決める「共同養育計画」の作成を課すべきだと提案。一方で、家庭内暴力(DV)や児童虐待がある家庭を念頭に、子の安全や安心を確保する観点から「丁寧に対応する規律を設けるべきだ」としている。

 法制審議会(法相の諮問機関)の部会は現在、離婚後の親権のあり方を含めた家族法制の見直しを議論している。【山本将克】

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集