特集

ウクライナ侵攻

ロシア軍がウクライナに侵攻。米欧や日本は対露制裁を決めるなど対立が先鋭化しています。

特集一覧

避難民受け入れに「差別」? 留学生「ウクライナ並みに」訴え

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
ウクライナから避難する人々の受け入れが進む中、「ミャンマーにも同じ支援を広げてほしい」と日本の難民や移民施策についての議論を呼びかけるスースーさん=松山市で2022年5月30日午後7時44分、鶴見泰寿撮影
ウクライナから避難する人々の受け入れが進む中、「ミャンマーにも同じ支援を広げてほしい」と日本の難民や移民施策についての議論を呼びかけるスースーさん=松山市で2022年5月30日午後7時44分、鶴見泰寿撮影

 ロシアによる軍事侵攻を機にウクライナから逃れる人々を官民で迎える機運が高まっているが、難民支援関係者から「他国から避難した人との扱いが不平等すぎる」との声も出始めている。ウクライナ避難民の日本での受け入れ実績や待遇について、他の国の出身者らにはどう映るのか。

 「ウクライナ避難民の特例的な受け入れを他国出身者にも広げてほしい。内戦続きで苦しむ人は他国にも多い」。愛媛大(松山市)で学び、母国でのクーデターの影響で帰国できなくなくなっているミャンマー人留学生のスースーさん(仮名)は静かにそう訴える。

 2021年2月に国軍によるクーデターが起きたミャンマー。愛媛県に留学中のスースーさんも同年5月、松山市であったミャンマーの民主化活動を支援する募金活動に参加した。その後も市民に対する圧力が弱まらない母国から衝撃的な知らせが届いた。

 同年11月、故郷の中部マンダレーでレストランを営む高校時代の同級生が妻と共に殺害された。同級生は民主化運動を続けることで職がなくなった人々に、無料で食べ物を振る舞っていた。「中止せよ」との軍関係者の警告にも屈せずにいたところ、最終的に懸賞金をかけられ、私服の軍関係者に殺されたという。生後間もない赤ちゃんと3歳の2児は無事だったが、スースーさんは「困っている人を助けていただけなのに信じられない」と嘆く。

 ミャンマーの2011年からの民主化時代を経験し、その後に日本に留学を果たしたスースーさん。自由に発言できる日常…

この記事は有料記事です。

残り1465文字(全文2090文字)

【ウクライナ侵攻】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の筆者
すべて見る

ニュース特集