山梨で桃また5000個盗難、計1万4400個に 巡回開始直後

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
相次ぐ盗難被害を受けて、桃畑でパトロールする警察官ら=山梨県甲州市で2022年6月20日午後4時32分、田中韻撮影 拡大
相次ぐ盗難被害を受けて、桃畑でパトロールする警察官ら=山梨県甲州市で2022年6月20日午後4時32分、田中韻撮影

 山梨県警笛吹署は21日、笛吹市八代町北の桃畑から桃約5000個(約150万円相当)が盗まれたと発表した。同市と、隣接する山梨市では今月15日以降、今回も含め、計1万4400個(計387万円相当)の盗難被害が発覚。相次ぐ被害を受け、20日に県警やJAの担当者ら約70人が緊急パトロールを始めたばかりだった。

 笛吹署によると、畑は近くの70代男性の所有で、盗まれた桃は「みさか白鳳」。20~21日の間に被害に遭ったとみている。

 県警によると、今月15日に、市内の畑で日川白鳳計約1400個(42万円相当)の盗難被害が発覚。17日には笛吹市と隣接する山梨市内で「ちよひめ」「ひめっこ」が計約1500個(45万円相当)、18日に笛吹市内で日川白鳳が計約2500個(50万円相当)と被害が相次ぎ、19日も山梨市内で日川白鳳が約4000個(100万円相当)盗まれる被害が判明していた。

 長崎幸太郎知事は21日の記者会見で「収穫を目前した作物を一夜にして盗む極めて悪質、極悪非道の犯罪。決して許すことはできない」と激怒。収穫期を前に盗難防止対策を強化し、緊急的にパトロールの経費を助成する考えを示した。【田中韻】

あわせて読みたい

ニュース特集