特集

第26回参院選

2022年夏の参院選は6月22日公示、7月10日投開票。関連するニュースをまとめています。

特集一覧

参院選候補者、女性比率過去最高の33%

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
有権者に支持を訴える女性候補(左)=愛知県犬山市で2022年6月22日午前10時14分、兵藤公治撮影(画像の一部を加工しています)
有権者に支持を訴える女性候補(左)=愛知県犬山市で2022年6月22日午前10時14分、兵藤公治撮影(画像の一部を加工しています)

 22日公示の参院選には2019年の前回参院選比77人増の181人の女性が立候補し、旧社会党の土井たか子委員長による「マドンナブーム」が起きた1989年参院選時の女性候補者数(146人)を33年ぶりに上回った。全候補者数に占める女性の割合も前回選比5・1ポイント増の33・2%で過去最高を更新した。ただし女性比率が20%台にとどまる政党も与党を中心に3党あり、「男女均等」への道のりは険しい。

 今回の参院選は候補者数が前回比47・3%増と記録的な伸びを示したが、女性候補者に限っては74・0%増と更に増加率が高かった。

この記事は有料記事です。

残り628文字(全文887文字)

【第26回参院選】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集