特集

第26回参院選

2022年夏の参院選は6月22日公示、7月10日投開票。関連するニュースをまとめています。

特集一覧

「民主王国」一転競合で火花 維新支援に動くのは 参院愛知選挙区

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
候補者の街頭演説に集まり、気勢を上げる支持者ら=名古屋市内で2022年6月22日午後0時32分、兵藤公治撮影
候補者の街頭演説に集まり、気勢を上げる支持者ら=名古屋市内で2022年6月22日午後0時32分、兵藤公治撮影

 現職4人と新人13人が立候補を届け出た愛知選挙区(改選数4)。かつて「民主王国」と言われ、2016年参院選で2議席を獲得した旧民主党系の立憲民主党、国民民主党の現職2人が議席を維持できるかが焦点だ。現職を蹴散らし、初当選を狙う日本維新の会新人には河村たかし名古屋市長が後方支援するなど、野党間で激しい勢力争いが繰り広げられる。

 「何としてもこの議席を守らなければいけない」。JR名古屋駅前で第一声を上げた立憲民主現職の斎藤嘉隆氏。県内では21年衆院選でトヨタ労組出身のベテランが自民党との対立を避けて立候補を見送ったが、連合愛知の可知洋二会長は「55万人の組織が一致団結して戦う」とアピールした。

この記事は有料記事です。

残り404文字(全文703文字)

【第26回参院選】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集