またもや開かなかった「重い扉」 大崎事件、再審請求棄却の是非は

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
大崎事件の第4次再審請求棄却を受け「不当決定」と掲げる弁護士=鹿児島市の鹿児島地裁前で2022年6月22日午前10時1分、平塚雄太撮影
大崎事件の第4次再審請求棄却を受け「不当決定」と掲げる弁護士=鹿児島市の鹿児島地裁前で2022年6月22日午前10時1分、平塚雄太撮影

 鹿児島県大崎町で1979年に男性(当時42歳)の遺体が見つかった「大崎事件」で、鹿児島地裁は22日、殺人罪などで懲役10年が確定し服役した原口アヤ子さん(95)の第4次再審請求を棄却する決定をした。原口さんは第3次請求審までに、一つの事件で「異例」となる3度の再審開始判断を勝ち取ってきたが、上級審で覆されてきた。第4次請求審で弁護側は「男性は事故死だった」とする新証拠を提出したが、中田幹人(まさと)裁判長は「窒息死の認定に合理的疑いを生じさせるとはいえない」と退けた。

 弁護側は福岡高裁宮崎支部に即時抗告する方針。

この記事は有料記事です。

残り2320文字(全文2580文字)

あわせて読みたい

ニュース特集