沖縄戦77年 慰霊の日 「せんそう ほんとうにあったんだ」

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
慰霊の日に「平和の火」の前で手を合わせる人たち=沖縄県糸満市の平和祈念公園で2022年6月23日午前8時15分、喜屋武真之介撮影
慰霊の日に「平和の火」の前で手を合わせる人たち=沖縄県糸満市の平和祈念公園で2022年6月23日午前8時15分、喜屋武真之介撮影

 沖縄は23日、太平洋戦争末期の沖縄戦などの犠牲者を悼む「慰霊の日」を迎えた。日米両軍の激しい戦闘に住民が巻き込まれ、兵士を含め約20万人が命を落とした地上戦から77年。世界はロシアによるウクライナ侵攻を目の当たりにし、国家間の対立を武力で解決しようとする考えが今なお続く国際社会の厳しい現実に直面している。沖縄戦最後の激戦地となった沖縄県糸満市摩文仁(まぶに)の平和祈念公園には早朝から遺族らが訪れ、平和を受け継いでいく大切さをかみ締めた。

 沖縄では1945年6月23日に日本軍の組織的戦闘が終結したとされるが、72年5月の日本復帰まで27年間、米国統治の苦難が続いた。住民の暮らしよりも軍事が優先され、人権や自治権は著しく制限された。広大な住民の土地が米軍基地として強制接収され、沖縄は安全保障上、重要な役割を担う「基地の島」に変貌した。核兵器も持ち込まれた。

この記事は有料記事です。

残り1291文字(全文1673文字)

あわせて読みたい

ニュース特集