連載

やまとの神さま

毎日新聞デジタルの「やまとの神さま」ページです。最新のニュース、記事をまとめています。

連載一覧

やまとの神さま

畝火山口神社(橿原市) 山頂に移転し、また下り /奈良

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 「お峯山(むねやま)」とも呼ばれている神社の創始は明らかではありませんが、806(大同元)年の「新抄格勅符抄(しんしょうきゃくちょくふしょう)」に名が初めて登場し、これ以前の創建とされます。平安時代の「延喜式神名帳(じんみょうちょう)」では式内大社に登載されました。

 江戸時代に刊行された「大和名所図会(ずえ)」には「昔山麓(さんろく)にあり、今山頂に移す」とあって、室町時代後期に畝傍山西側山麓から山頂に移されました。

 約400年たった1940(昭和15)年の皇紀2600年祭で、東麓の神武天皇陵を見下ろす場所は好ましくないと、再度、西麓に移されました。

この記事は有料記事です。

残り446文字(全文725文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集