宇佐ホテルリバーサイド 商議所が暫定運営 宿泊と会議室貸室で営業 /大分

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
7月1日から宇佐商工会議所が営業する宇佐ホテルリバーサイド
7月1日から宇佐商工会議所が営業する宇佐ホテルリバーサイド

コロナ禍、先月閉館

 宇佐市の宇佐商工会議所は、5月末に閉館した宇佐ホテルリバーサイド(宇佐市別府、28室)を7月1日から1年間の暫定で営業する。新型コロナウイルスの影響による休業が相次ぐ、市内のホテル不足に対応するためで、商議所によるホテル運営は全国でも珍しいという。この間に新たな事業者を見つけるなど、ホテル確保に努める。

 市では2020年に新型コロナの影響で、市も出資するグリーンパークホテルうさ(同市川部)が営業を休止した。建物は市医師会が買い取り、地域成人病検診センターとすることで、関係者が同意している。今年5月末には「リバーサイド」が閉館し、市内のホテルは計2施設になった。市中心部では1施設となり、会合場所確保を求める声などが上がっていた。

この記事は有料記事です。

残り241文字(全文568文字)

あわせて読みたい

ニュース特集