スルガ銀元執行役員の解雇は無効 東京地裁「合理的な理由欠く」

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
東京地裁=米田堅持撮影
東京地裁=米田堅持撮影

 スルガ銀行(静岡県沼津市)のシェアハウス向け不正融資に関わったとして懲戒解雇された麻生治雄・元執行役員専務(60)が、スルガ銀行に地位確認と未払い給与など計約2400万円の支払いを求めた訴訟の判決で、東京地裁は23日、「解雇は合理的な理由を欠き無効」と判断し、解雇後から定年に当たる60歳まで1カ月当たり50万円を支払うよう命じた。

 判決によると、麻生氏は不正融資問題発覚後の2018年11月、懲戒解雇された。理由は、絶大な権力を背景に審査部門に圧力を加え、無理やり融資を承認させたなどとされた。

この記事は有料記事です。

残り206文字(全文455文字)

あわせて読みたい

ニュース特集