弁護士を持続化給付金など不正受給容疑で逮捕 広島県警

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
広島県警本部が入る広島県庁東館 拡大
広島県警本部が入る広島県庁東館

 新型コロナウイルス対策の国の「持続化給付金」や「家賃支援給付金」計約590万円をだまし取ったとして、広島県警は23日、広島弁護士会の弁護士、加島康介容疑者(47)=東広島市西条町田口=ら2人を詐欺の疑いで逮捕した。捜査2課によると、持続化給付金の不正受給容疑で弁護士が逮捕されるのは全国で初めて。

 他に逮捕されたのは会社役員、熊本俊二容疑者(56)=広島市南区東雲2。捜査2課は2人の認否を明らかにしていない。

 逮捕容疑は、加島容疑者が設立したホテル経営会社が新型コロナの影響で収入が減ったなどとして2020年10~12月に虚偽申請し、同11月に持続化給付金200万円、12月に家賃支援給付金約390万円をだまし取った、としている。

 捜査関係者によると、申請手続きは熊本容疑者が行ったとみられる。加島容疑者の会社の口座から熊本容疑者の会社の口座に数十万円が振り込まれていたといい、捜査2課はだまし取った給付金を分配したとみている。熊本容疑者は以前、加島容疑者の弁護士事務所で職員として働いていたという。

 また、加島容疑者は日本司法支援センター(法テラス)から相談料5500円を不正に受け取ったなどとして、22年5月に広島弁護士会から業務停止1カ月の処分を受けていた。【根本佳奈、安徳祐】

あわせて読みたい

ニュース特集