ウルグアイ第2戦のハーフ団は斎藤&山沢 ラグビー日本代表

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
25日のウルグアイ戦にSOで先発する山沢拓也=国立競技場で2022年5月29日、長谷川直亮撮影 拡大
25日のウルグアイ戦にSOで先発する山沢拓也=国立競技場で2022年5月29日、長谷川直亮撮影

 日本ラグビー協会は23日、ウルグアイ代表とのテストマッチ(国・地域代表戦)第2戦(25日、福岡・ミクニワールドスタジアム北九州)に臨む日本代表の登録メンバー23人を発表した。

 司令塔のスタンドオフは山沢拓也(埼玉)で、スクラムハーフの斎藤直人(東京SG)とハーフ団を組む。身長201センチのロックで20歳のワーナー・ディアンズが初先発するなど経験の浅いメンバーがチャンスを得た。

 日本のジェイミー・ジョセフ・ヘッドコーチは「この試合を考えながら、数週間準備してきた。代表初出場の(可能性がある)選手が4人いる。ワールドカップ(W杯)につなげてほしい」と語った。

 世界ランキングは日本が10位、ウルグアイは19位。第1戦(18日、東京・秩父宮ラグビー場)で日本は将来の代表候補「ナショナル・デベロップメント・スコッド(NDS)」で臨み、34―15で勝利した。

 日本は7月2日に愛知・豊田スタジアム、9日に東京・国立競技場で、2023年W杯開催国のフランス代表(世界ランキング2位)と対戦する。【長宗拓弥】

 日本の先発メンバーは次の通り。

 ▽FW

 稲垣啓太(埼玉)坂手淳史(埼玉)木津悠輔(トヨタ)ジャック・コーネルセン(埼玉)ワーナー・ディアンズ(BL東京)リーチ・マイケル(BL東京)ベン・ガンター(埼玉)ファウルア・マキシ(東京ベイ)

 ▽HB

 斎藤直人(東京SG)山沢拓也(埼玉)

 ▽TB

 シオサイア・フィフィタ(花園)梶村祐介(横浜)ディラン・ライリー(埼玉)ゲラード・ファンデンヒーファー(東京ベイ)

 ▽FB

野口竜司(埼玉)

関連記事

あわせて読みたい

ニュース特集