特集

第26回参院選

2022年夏の参院選は6月22日公示、7月10日投開票。関連するニュースをまとめています。

特集一覧

多様性社会の実現へ 下着開発を目指す22歳「政治の歩みは遅い」

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
「下着を通して性が多様であることを表現したい」と話す安藤晶美さん=福岡市で2022年6月6日午後5時10分、竹林静撮影
「下着を通して性が多様であることを表現したい」と話す安藤晶美さん=福岡市で2022年6月6日午後5時10分、竹林静撮影

 参院選(7月10日投開票)では、いかにして多様性社会をつくるかも争点になる。しかし、2021年には超党派で合意していた「LGBT理解増進法案」の国会提出が一部の自民保守派の抵抗で見送られるなど、性的少数者の尊厳を守る法整備は進んでいない。身体の性と自認する性が異なるトランスジェンダーの下着開発を目指す22歳女性は「政治の歩みは遅い」と感じている。

 「性的少数者からは『性の多様性を認めて』という声がたくさん上がっている。政治家は無視せず向き合ってほしい」。トランスジェンダーの下着開発を目指して起業を志す安藤晶美(あきみ)さん=福岡市=は、性的少数者への理解がなかなか広がらない現状を嘆く。

この記事は有料記事です。

残り989文字(全文1286文字)

【第26回参院選】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集