赤羽で「ぼったくり」急増 前年の6倍 被害防止パトロール実施

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
赤羽地区でのぼったくり被害を防ぐため飲食店街をパトロールする菅井和男・赤羽署長(右から3番目)ら=東京都北区赤羽1で2022年6月24日午後6時15分、高井瞳撮影
赤羽地区でのぼったくり被害を防ぐため飲食店街をパトロールする菅井和男・赤羽署長(右から3番目)ら=東京都北区赤羽1で2022年6月24日午後6時15分、高井瞳撮影

 格安の飲み屋街が有名な東京・赤羽で強引な客引きやぼったくり被害が急増している。警視庁赤羽署は24日夜、JR赤羽駅周辺の繁華街で、被害の防止を呼びかけるパトロールを実施した。

 赤羽署によると、赤羽地区での客引きに関する110番は2021年には前年の約1・7倍の459件に増加。客引きに連れて行かれた店でアルコール度数の高い酒など…

この記事は有料記事です。

残り248文字(全文412文字)

あわせて読みたい

ニュース特集