連載

勝利の方程式

世界や全国で活躍する奈良県内のスポーツ選手たち。勝つための工夫や何を支えにしているのかを紹介します。

連載一覧

勝利の方程式

大和のアスリートたち ジャンル横断、即興の戦い ストリートダンス・安田陽菜さん /奈良

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
ソロバトルで優勝した決勝のラストできめた技「ハローバック」を披露する安田さん=奈良市立一条高で2022年6月13日午後7時5分、川畑岳志撮影
ソロバトルで優勝した決勝のラストできめた技「ハローバック」を披露する安田さん=奈良市立一条高で2022年6月13日午後7時5分、川畑岳志撮影

安田陽菜さん(奈良市立一条高校3年)

 2021年9月に北九州市で開催された「第11回全日本高校チームダンス選手権大会」のソロバトルトーナメントで優勝を果たした。当時、奈良市立一条高校ダンス部の主将を務め、チームを代表して出場。音楽に合わせて対戦相手と交互に即興で踊ってダンスの技術を競い、衣装にもこだわった。「結果につながりうれしかった」と、ダンス人生で初めて頂点に立った瞬間を振り返る。

 ダンスを始めたのは小学2年の時。幼稚園の時に通っていたトランポリンを使った運動教室でリズム感を褒められ、地元・香芝市のダンススタジオに通い始めた。ジャンルを問わず楽しんで踊っていたが、意識が変わったのは中学生になり大阪のスタジオに通うようになってから。腕や身体をしならせる動きが特徴のストリートダンスのジャンル「ワック」が得意な著名ダンサーのもと、バトルの強化クラスに入り、曲の音に合った構成を考え…

この記事は有料記事です。

残り543文字(全文937文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集