特集

ウクライナ侵攻

ロシア軍がウクライナに侵攻。米欧や日本は対露制裁を決めるなど対立が先鋭化しています。

特集一覧

募金きっかけ、交流会実現 和大付属小、ウクライナ大使館と /和歌山

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 和歌山市の和歌山大付属小学校と、東京の在日ウクライナ大使館を結ぶオンライン交流会が23日、開かれた。児童が3月、校内で募金活動をし、13万円超をウクライナ側に贈ったのがきっかけで実現。大使館がウクライナの文化や平時の暮らしぶりを紹介した。

 募金への協力を呼び掛けたのは、ロシアによる侵攻に巻き込まれ、同世代の子どもたちが食糧不足や病気で亡くなっている様子をニュースで見た児童。有志で手作りの募金箱やポスターを持って校門に立って集め、県を通じて駐日大使に渡していた。

 交流会には、募金への協力を呼び掛けた児童ら6年生約90人が4クラスに分かれて教室で参加。画面越しに大使館三等書記官のインナ・イリナさんが説明した。地理や言葉などの他、伝統的に親しまれているものとして、広大なひまわり畑やコウノトリ、ボルシチ料理などを紹介した。

この記事は有料記事です。

残り271文字(全文634文字)

【ウクライナ侵攻】

時系列で見る

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集