安心安全な社会維持に努力する 新検事総長

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 24日付で東京高検検事長から第32代検事総長に就任した甲斐行夫氏(62)が同日、東京・霞が関の最高検で記者会見し「安心安全な社会は日常生活の基盤。警察などの関係機関と連携して安全安心な社会を維持できるよう努力する」と抱負を述べた。

 甲斐氏は「サイバー犯罪や児童虐待など難しい事件が増えている。捜査・…

この記事は有料記事です。

残り148文字(全文298文字)

あわせて読みたい

ニュース特集