神戸除く兵庫の公立校、小中教員168人不足 産休、病休も補充なく

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
兵庫県
兵庫県

 兵庫教職員組合は、神戸市を除く県内の小中学校と特別支援学校で教員168人が不足していると発表した。産休や病休の補充がないことが影響しているという。

兵庫教職員組合調査

 兵庫教職員組合は40市町の教育委員会について5月16日時点の状況を調べた。小中学校と特別支援学校(県立を除く)で常勤の教員計102人が不足していた。理由は、定員割れが最多の47人で、病休の補充なしが40人、産休や育休の補充なしも13…

この記事は有料記事です。

残り301文字(全文501文字)

あわせて読みたい

ニュース特集