特集

ウクライナ侵攻

ロシア軍がウクライナに侵攻。米欧や日本は対露制裁を決めるなど対立が先鋭化しています。

特集一覧

東部要衝セベロドネツクが陥落 ロシア軍、州完全制圧へ向け攻勢

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 ロシア国防省は25日、ウクライナ東部ルガンスク州の重要都市セベロドネツクと近郊の集落を「完全に解放した」と発表した。ウクライナ側も25日、同市が占領されたことを認めた。ロシア軍にとっては5月に南東部マリウポリを制圧して以来の重要都市の攻略。ルガンスク州の完全制圧に向け、ドネツ川を挟んで対岸にあるリシチャンスクの包囲も強めている。

 ロシア国防省によると、セベロドネツクを含むドネツ川の東岸は親露派武装勢力「ルガンスク人民共和国」の「完全な支配下に入った」という。セベロドネツクのストリュク市長も25日、同市が「ロシアの完全な占領下に入った」と明かした。ウクライナ軍の部隊は「より強固な防御陣地に後退した」という。市内に取り残された住民はウクライナ側支配地域に避難できないでいるといい、ストリュク氏は住民の医療支援や心理的なケアの必…

この記事は有料記事です。

残り664文字(全文1030文字)

【ウクライナ侵攻】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集