セレッソ大阪、「痛い」ドロー 司令塔の清武弘嗣が負傷交代

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
セ大阪-清水 前半、攻め込むセ大阪・清武。左は清水・神谷=ヨドコウで
セ大阪-清水 前半、攻め込むセ大阪・清武。左は清水・神谷=ヨドコウで

セ大阪1―1清水(26日・ヨドコウ)

 リーグ戦の後半初戦は「痛い」ドロー発進となった。

 セ大阪は1点ビハインドの後半31分、右サイドからのCKをDF船木翔が頭でゴール左隅に決めて同点としたが、その笑顔は硬かった。船木は「ゴールはうれしかったけど、早く戻ってもう1点を狙いたかった」と胸の内を明かす。

 序盤に攻撃の要となるFW清武弘嗣が相手選手と交錯…

この記事は有料記事です。

残り449文字(全文623文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の筆者
すべて見る

ニュース特集