特集

LGBT

性別にとらわれず自分らしく生きるために、声を上げる人たちが増えています。当事者の思いや社会の課題を追います。

特集一覧

NYで3年ぶり性的少数者のパレード 「臆せず自分に」3万人が訴え

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 米ニューヨーク中心部のマンハッタンで26日、LGBTなど性的少数者がパレードを行った。主催団体によると約3万人が参加。「臆せず自分に」をテーマに、色とりどりの衣装に身を包んだ参加者が踊って行進し、誰にでも平等な社会の実現を訴えた。

 1970年以降、恒例のパレードは新型コロナウイルス流行を経て、3年ぶりに対面で全面再開した。観客が沿道を埋め尽くし、多様性を象徴する虹色の旗を振りながら大きな歓声を上げた。

 初参加したニューヨーク居住のアーティスト、武島アイカさん(36)は「8年前にパレードを見て、人と違うことを否定的に考えなくていいと思えた。今度は自分がそれを誰かに伝えたい」と話した。パートナーのサラ・ピッチさん(23)と約70人のグループをまとめ、笑顔で踊りを披露した。

この記事は有料記事です。

残り261文字(全文600文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集