特集

ウクライナ侵攻

ロシア軍がウクライナに侵攻。米欧や日本は対露制裁を決めるなど対立が先鋭化しています。

特集一覧

ロシア軍、「最後のとりで」ルガンスク州の重要都市へ攻勢強める

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
ロシアとウクライナの国旗=ゲッティ
ロシアとウクライナの国旗=ゲッティ

 ロシア軍は26日、ウクライナ東部ルガンスク州の重要都市リシチャンスクへの攻勢を強め、空爆による道路や橋の破壊をさらに続けた。ロシアメディアによると、既に市内に進軍しているという。ロシア軍は25日、同市に隣接するセベロドネツクの制圧を宣言しており、戦闘の焦点は同州でウクライナ側の事実上の「最後のとりで」とされるリシチャンスクの攻防に移っている。

 親露派武装勢力「ルガンスク人民共和国」幹部は地元メディアに26日、同軍がリシチャンスク市南側から侵攻し、「ゴム工場などが立地する工業地帯に到達した。さらに進軍を続ける」と明かした。また、タス通信は26日、ロシア軍が五つの方向から市内に侵入したと報じている。

この記事は有料記事です。

残り509文字(全文811文字)

【ウクライナ侵攻】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集