国際ロマンス詐欺で1億5400万円被害 LINE3万5000回

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
山梨県警本部=甲府市で、井川諒太郎撮影
山梨県警本部=甲府市で、井川諒太郎撮影

 山梨県警は27日、外国人などと称して恋愛感情につけ込む「国際ロマンス詐欺」の手口で、同県富士河口湖町の50代男性が約1億5400万円をだまし取られたと発表した。SNS(ネット交流サービス)で知り合った女性と、親密なやりとりをする中で外国為替証拠金取引(FX)の投資話を持ちかけられていた。メッセージのやりとりは、5カ月間で約3万5000回に及んでいたという。

 県警捜査2課によると、男性は2021年10月ごろ、SNSで中国籍を名乗る女性と知り合い、無料通信アプリ「LINE(ライン)」で連絡を取り合ううちに投資話を持ちかけられた。女性の親族で中国の有名大学の教授を名乗る男性を紹介され、投資名目などとして指定された口座に22年2月まで19回にわたり、計約1億5400万円を振り込んだ。女性らと連絡がとれなくなり、出金もできなくなったことから不審に思い、弁護士…

この記事は有料記事です。

残り133文字(全文513文字)

あわせて読みたい

ニュース特集