特集

ニュース|都市対抗野球2022

第93回都市対抗野球大会が2022年7月18日に開幕。関連ニュースをまとめました。

特集一覧

「負けず嫌い」をコントロール 広島の抑え投手、栗林良吏の信念

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
プロ野球・広島で抑え投手として活躍する栗林良吏さん=東京都新宿区の神宮球場で2021年5月12日、西夏生撮影
プロ野球・広島で抑え投手として活躍する栗林良吏さん=東京都新宿区の神宮球場で2021年5月12日、西夏生撮影

 社会人野球の名門、トヨタ自動車のエースとして都市対抗野球を経験し、現在はプロ野球・広島の抑え投手として活躍している栗林良吏さん(25)。昨夏の東京オリンピックでは日本代表侍ジャパンの抑えも担い、金メダル獲得に貢献した。ピンチにも動じないクローザーの原点とは。学校時代の思い出とともに野球への思いなどを聞いた。【聞き手・荻野公一】

「良い方向へ進む叱り方」に感謝

 愛知黎明高では3年間、学級担任で野球部の顧問でもあった先生の影響で、野球に対して真摯(しんし)に、熱く取り組むことができました。チームのみんなで3、4回、叱られたこともありましたが、自分たちのことを思って叱ってくれていると、高校生ながらすごく感じました。

 この言葉が、というのはありません。叱られたことでふてくされる、ひねくれるという気持ちにはなりませんでした。見返してやろう、信頼を勝ち取ろうと思える、良い方向へ進む叱り方をしてもらったと思います。

 自分たちのことを認めつつ、叱っていました。例えば「お前たちはそんな人間じゃないからできる」と言われると、信じてもらっていたのに裏切ってしまった、これからはしっかりやらなければいけないと心から思えました。「お前たちには無理だ」「こんなことはできないだろうな」という感じで怒られると、期待されていないということが伝わってきます。先生はそうではなかったので、付いて行こうと思いました。

「先発投手も経験してみたい」

 子どもの頃から負けず嫌いでした。小学生の時は放課後、野球の好きな子どもが学校に集まり、野球をして遊んでいました。みんな…

この記事は有料記事です。

残り1022文字(全文1692文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る
この記事の筆者
すべて見る

ニュース特集