連載

特集ワイド

「人だかりがする」ニュースを目指して、読み応え十分の記事をラインアップ。

連載一覧

特集ワイド

中島岳志教授に聞く参院選の焦点 自民圧勝なら改憲加速も 岸田首相、9条発言にぶれ

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
中島岳志・東京工業大教授=東京都千代田区で2018年8月3日、梅村直承撮影
中島岳志・東京工業大教授=東京都千代田区で2018年8月3日、梅村直承撮影

 ロシア軍によるウクライナ侵攻から原油高、急激な円安と暮らしに深く関わる問題が次々に起きている。それなのに、7月10日に投開票される参院選はお世辞にも盛り上がっていると言えそうにない。私たちは何から議論すればいいのだろう。焦点を明確にすべく政治学者の中島岳志・東京工業大教授に聞くと、「自民圧勝など状況によっては、憲法改正プロセスが一気に進むのではないか」と指摘した。どういうことか。

 「安倍(晋三)政権の発足以降、自民党は積極的に選挙の争点を提供せず、選挙戦を盛り上げない戦略を取っています。私は2―5―3の法則と呼んでいますが、有権者の2割が野党に、3割が与党に入れる。残り5割が選挙に行かないと与党が3対2で勝つわけです」

この記事は有料記事です。

残り2471文字(全文2785文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集