特集

都市対抗野球2022

第93回都市対抗野球大会が2022年7月18日に開幕。3年ぶりの夏開催、社会人野球日本一はどこに。

特集一覧

第93回都市対抗野球

「悔しさ胸に必ず5勝」 ENEOS壮行会 横浜 /神奈川

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
山中竹春市長(右)から推薦状を交付されるENEOSの大久保秀昭監督(中央)と川口凌主将=横浜市役所で2022年6月27日、牧野大輔撮影
山中竹春市長(右)から推薦状を交付されるENEOSの大久保秀昭監督(中央)と川口凌主将=横浜市役所で2022年6月27日、牧野大輔撮影

 7月18日から東京ドームで開幕する第93回都市対抗野球大会(毎日新聞社、日本野球連盟主催)に西関東の第2代表として出場するENEOS(横浜市)の壮行会が27日、横浜市役所で行われた。出席した川口凌主将は「この2年は悔しい思いしかしていない。この悔しさを胸に、必ず5勝して横浜市に黒獅子旗を持ち帰りたい」と抱負を語った。

 壮行会は横浜市と市スポーツ協会、商工会議所が主催。山中竹春市長は「投打にバランスの取れた強いチーム。皆さんの頑張りが横浜市の力にもなる。ぜひ頑張ってほしい」と激励した。商工会議所の上野孝会頭は「チームのスローガンからも皆さんからも、絶対に勝つという思いが伝わってくる。常勝への復活に期待している」と話した。

この記事は有料記事です。

残り116文字(全文430文字)

【都市対抗野球2022】

時系列で見る

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集